TOP > ニュース/イベント一覧 > ニュース/イベント詳細

ニュース/イベント詳細

各種大会詳細

2017/02/22

1月15日に行われた奥球磨ハーフ、1月22日に行われた都道府県対抗男子駅伝、2月5日に行われた、別大マラソン・丸亀国際ハーフ、2月12日に行われた全日本実業団ハーフ・延岡西日本マラソン・唐津10マイル、2月19日に行われた熊日30Kロードレースの詳細結果を掲載します。

○1月15日 

奥球磨ハーフ   出場者  藤本 拓

全日本実業団ハーフへのステップの大会として出場、17k過ぎから川内選手(埼玉県庁)・今井選手(トヨタ九州)との3つ巴の争いの中、18k過ぎに自らロングスパートを掛け、1人抜け出すと、そのまま後続を引き離し1時間03分51秒で見事優勝を飾った。

藤本奥球磨.JPG

○1月22日

都道府県対抗男子駅伝   出場者  藤井 啓介(兵庫県代表 3区)

5位でタスキを受けるも、区間34位の走りで順位を大きく落として4区へタスキリレー。

※佐藤監督が愛知県の監督を務めました。

愛知県チームは目標の入賞を達成する3位でフィニッシュ!

○2月5日

別府大分毎日マラソン  出場者  大石 港与 ・ 早川 翼

初めてのマラソン挑戦となった両選手、大石選手が33kまで先頭集団で走り、初マラソンとは思えない気迫のこもった走りで最後まで3位争いを展開し、2時間10分39秒で4位入賞!初マラソンながら見事な走りが評価され、新人賞を獲得!早川選手も最後まで走り抜き2時間26分28秒でゴールしました。

大石別大2017.jpg

早川別大2017.jpg

丸亀国際ハーフマラソン   出場者  宮脇 千博 ・ 井上 翔太

3月5日にびわ湖毎日マラソンを控える両選手、宮脇選手は終始予定していた1km3分のマラソンペースで走り抜く1時間03分00秒と上々の仕上がり。井上選手は後半に課題を残すも、1時間04分47秒と現在の状態は確認できたレースとなりました。

宮脇丸亀2017.JPG

井上丸亀2017.JPG

○2月12日

全日本実業団ハーフマラソン  出場者  藤本 拓 ・ 藤井 啓介

好調の藤本選手が、外国人選手に積極的果敢な走りで付くと、最後まで外国人選手と3位争いを繰り広げながら、1時間01分54秒の好タイムを記録し、全体4位の日本人1位でフィニッシュ。藤井選手も15k過ぎに膝の痛みから立ち止まるアクシデントも1時間07分30秒と最後まで走り抜きました。

藤本実業団ハーフ2017.JPG

藤井実業団ハーフ2017.JPG

延岡西日本マラソン   出場者  松原 健太

20k手前までは先頭集団に喰らい付くも、そこからは徐々に後退。最後まで粘りの走りで自己記録を更新する2時間22分48秒の16位でフィニッシュ。

松原延岡2017.JPG

唐津10マイルロードレース   出場者  近藤 聖志

今回が10k以上のレースは初体験となる近藤選手。例年以上のハイペースでレースが進む中、6k過ぎできつくなるも、48分13秒で24位と最後まで大崩れすることなく走り切りました。

近藤唐津2017.JPG

○2月19日

熊日30Kロードレース   出場者 伊藤 祐哉 ・ 山本 修平

今回が始めての30Kのレースとなる2人、伊藤選手は前半からDeNA上野選手の作り出すハイペースに積極果敢に挑戦するも、5k付近で後退。しかし14k付近で第2集団に追いつかれてからも粘りの走りで25kまで3位争いを展開し6位でゴールしました。山本選手は最初から第2集団で走るが12k付近で後退。しかし、伊藤選手同様粘りの走りで落ちてくる選手を拾っていき、最終的には8位まで順位を上げ、伊藤選手とともに見事ダブル入賞を果たしました。

伊藤山本熊日.JPG

一覧へ戻る

PAGE TOP