Figure skating

Rika
Kihira

紀平 梨花

紀平 梨花

フィギュアスケート

女子シングル

この競技について

フィギュアスケートとは、楽曲に乗せてダンスのように踊ったりしながらスケートリンクを滑り、技の完成度と表現力を競うスポーツです。
ジャンプやスピン、ステップの技の難易度と完成度の高さで評価される「技術点」と、スケートの上手さや楽曲に合った滑りができているか、どれだけ素晴らしい表現ができているかで評価される「演技構成点」を足したものが得点になります。2分40秒〜2分50秒で行われる「ショートプログラム」と、4分〜4分30秒で行われる「フリースケーティング」の計2回演技を行い、それぞれの合計得点が最終的な順位となります。
着地の失敗や演技の途中棄権、時間オーバー、衣装の反則は、減点されてしまいます。
一番の見どころはダイナミックなジャンプです。ジャンプには6つの種類があり、難易度が高い順に「アクセル」「ルッツ」「フリップ」「ループ」「サルコウ」「トウループ」
ジャンプを見分けることができるとよりフィギュアスケートが楽しめます。

続きを見る

PROFILE

生年月日 2002.07.21
出身地 兵庫県西宮市
血液型 O型
出身校 N高等学校/早稲田大学
経歴 3歳のときにアイスリンクに行き初めてスケートを知り、5歳のときにスケート教室に入った。他には、バレエ、体操、ピアノ等を習っていた。
2015年全日本ノービス選手権Aクラスで優勝、初出場の全日本ジュニア選手権では11位、2016年トリグラフトロフィーのノービスクラスでも優勝。
2016年ISUジュニアグランプリ、スロベニア大会で、国際大会史上7人目となる、トリプルアクセルを成功。女子世界史上初、6種類8個の3回転ジャンプを決め優勝。
2017年12月ISUジュニアグランプリファイナル女子フリーで世界史上初となる3回転アクセル+3回転トゥループを成功。
シニアデビューの2018-2019シーズンは世界選手権までに出場した国際大会すべてで優勝し、四大陸選手権では男女史上初2連覇優勝を達成。
2018年世界トップ6が出場できるグランプリファイナル、初出場初優勝の快挙を成し遂げた。
2021年10月現在、フィギュアスケート女子シングルにおいて世界ランキング1位。
過去の戦歴
  • ・2018年:NHK杯 優勝/ISUグランプリインターナショナルオブフランス 優勝/ISUグランプリファイナル 優勝/
  • 全日本選手権 2位
  • ・2019年:四大陸選手権 優勝/世界選手権4位/ISUグランプリスケートカナダ 2位/NHK杯 2位/ISUグランプリファイナル 4位/全日本選手権 優勝
  • ・2020年:四大陸選手権 優勝/全日本選手権 優勝
  • ・2021:全日本選手権 2連覇

COMPETITION

NOTICE

Figure skating

Rika
Kihira

フィギュアスケートとは、楽曲に乗せてダンスのように踊ったりしながらスケートリンクを滑り、技の完成度と表現力を競うスポーツです。
ジャンプやスピン、ステップの技の難易度と完成度の高さで評価される「技術点」と、スケートの上手さや楽曲に合った滑りができているか、どれだけ素晴らしい表現ができているかで評価される「演技構成点」を足したものが得点になります。2分40秒〜2分50秒で行われる「ショートプログラム」と、4分〜4分30秒で行われる「フリースケーティング」の計2回演技を行い、それぞれの合計得点が最終的な順位となります。
着地の失敗や演技の途中棄権、時間オーバー、衣装の反則は、減点されてしまいます。
一番の見どころはダイナミックなジャンプです。ジャンプには6つの種類があり、難易度が高い順に「アクセル」「ルッツ」「フリップ」「ループ」「サルコウ」「トウループ」
ジャンプを見分けることができるとよりフィギュアスケートが楽しめます。

PROFILE

生年月日 2002.07.21
出身地 兵庫県西宮市
血液型 O型
出身校 N高等学校/早稲田大学
経歴 3歳のときにアイスリンクに行き初めてスケートを知り、5歳のときにスケート教室に入った。他には、バレエ、体操、ピアノ等を習っていた。
2015年全日本ノービス選手権Aクラスで優勝、初出場の全日本ジュニア選手権では11位、2016年トリグラフトロフィーのノービスクラスでも優勝。
2016年ISUジュニアグランプリ、スロベニア大会で、国際大会史上7人目となる、トリプルアクセルを成功。女子世界史上初、6種類8個の3回転ジャンプを決め優勝。
2017年12月ISUジュニアグランプリファイナル女子フリーで世界史上初となる3回転アクセル+3回転トゥループを成功。
シニアデビューの2018-2019シーズンは世界選手権までに出場した国際大会すべてで優勝し、四大陸選手権では男女史上初2連覇優勝を達成。
2018年世界トップ6が出場できるグランプリファイナル、初出場初優勝の快挙を成し遂げた。
2021年10月現在、フィギュアスケート女子シングルにおいて世界ランキング1位。
過去の戦歴
  • ・2018年:NHK杯 優勝/ISUグランプリインターナショナルオブフランス 優勝/ISUグランプリファイナル 優勝/
  • 全日本選手権 2位
  • ・2019年:四大陸選手権 優勝/世界選手権4位/ISUグランプリスケートカナダ 2位/NHK杯 2位/ISUグランプリファイナル 4位/全日本選手権 優勝
  • ・2020年:四大陸選手権 優勝/全日本選手権 優勝
  • ・2021:全日本選手権 2連覇

COMPETITION

NOTICE